スタッフより/『ICE CREAM GOOD BYE-完結篇-』、閉幕。


ベニバラ兎団 vol.25
『ICE CREAM GOOD BYE -完結篇-』
昨日、千穐楽を終え、無事閉幕致しました。

『ICE CREAM GOOD BYE』といえば、
ベニバラ兎団さんの中でも
人気を誇るシリーズ。

独特の幻想的な世界の中で描かれていたのは、
生と死、記憶と忘却。
その狭間で揺れる、恐怖と愛。
それがあるからこそ感じる、
人の持つ暖かみ、愛おしさ。

そんな様々なメッセージが詰まった、
壮大な人気シリーズの中で、
今回Setsukoは、
常に未来が見え、
その運命を受け入れ、
そしてその先の未来を見据えながら
自分の役目を全うした、
完結篇で初めて登場する宣告師、
メリーという女性を演じました。

「未来がわかるのはある意味キツイ。
よほどの強さと愛がなければね。
メリーは色々なものを背負っていたのだと思う」

…そう言ってメリーを演じる
舞台上のSetsukoからは、
メリーの持つ強さと愛、
そして覚悟がひしひしと伝わり、
シリーズを完結に導くに必要な役割を、
Setsuko自身が全うしていたのだと感じました。

“覚悟”がテーマとなっていた
前回の出演作から、
今回の『ICE CREAM GOOD BYE』での役どころ…
なにか不思議な繋がりを感じずにはいられません(^^)

IZAMさんを始めとする劇団の皆様、
全共演者・スタッフ・ミュージシャンの皆様、
公演に関わられた全ての方々に、
心より感謝申し上げます。

そしてご来場下さった皆々様。
連日のSNSのご感想、
大変励みになりました。
中には初めてSetsukoの歌や芝居をご覧頂き、
嬉しいメッセージを下さったお客様も
多数いらっしゃいました。
本当にありがとうございました!

ご感想でも頂いた、
メリーや宣告師達のスピンオフも
気になるところではありますが(笑)、
ひとまず『ICE CREAM GOOD BYE』、
これにて完結。

本作品との出会いから得た学びを糧に、
次の出演作の稽古へ!!

舞台は1960年代のアメリカ。
熱き時代のアメリカで活躍した歌手、
ニーナ・シモンのエピソードから生まれた
オリジナルストーリーにて主演させて頂きます!


アブラクサス17th

『叫べ!生きる、黒い肌で』


5月9日から12日まで、
サンモールスタジオにて上演です。
チケットも絶賛販売中!
▼公演詳細はこちら
こちらも是非宜しくお願い致します!!

(スタッフより)